レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

ザ・独り言④

5/5こどもの日の池袋鈴ん小屋でのイベント『GO!GO!カブトムシ』の選曲終わりまして。時間が押すこともありえるので、多めに選んで1時間30分のボリューム。選ぶ時間がふんだんにあって、何が正解なのか分からなくなり、日に日に混沌としていきましたが、出演者が5mmとY・O・M・Aであれば、多少ハチャメチャでも許してもらえるでしょう。大雑把に言えば、シュガーベイブ、大瀧さん、ビートルズを意識したような感じかも。とか言うと、どこがやねん!と突っ込まれそうなので、ふわーっと聴いておいてください。そんなマニアックでなないし、ベタな曲も多数なので、笑っていただければと。ちなみに、使っているのは全曲我が家のアナログ盤起こしの不思議な音です。以前、音楽感謝というイベントを主催している中上さんが、そのイベントで流すBGMを彼自身の選曲(シティポップ~AOR的な)でアナログ音源を使っていたので、ああ~いいなぁ、もしBGMを作ることがあれば絶対アナログでやろう、と決めていました。つまり、CDや配信でしか出てない曲はかかりませんので悪しからずです。まぁBGMはあくまでも添え物ですから。メインの5mmとY・O・M・Aのライヴ演奏は間違いなく素晴らしい!愉快痛快!なので、皆さま是非お越しを~。


GO!GO!カブトムシ@池袋鈴ん小屋告知動画(5mm)

今日4/27は英国ポップロックの至宝スクイーズのライヴがビルボード大阪でありますが(東京公演の評判がまたすこぶる良いんだ)、指をくわえて見守るだけ...。それもそうだけども、明日4/28は東京の吉祥寺マンダラ2で大なり><小なりとグランドファーザーズの2マン!個人的にこれを観逃がすのは超痛い...空から大金が降ってこないかな。そんな愚かな私の代わりに行ける人は漏れなく行ってください!頼みます。大なり><小なりは結成当初からグランドファーザーズと共演するのが夢だったそうです。2年前に下北沢シェルターで行われたグランドファーザーズの1stアルバム再現ライヴの時にも、大なり><小なりのメンバー全員揃って観に来ていました。そんな彼らの想いが爆発するいつも以上に気合いの入ったパフォーマンスが観れるはずです。グランドファーザーズはレアな曲を用意している模様、なんだろう?「墓掘りの美声」か?たぶん違うでしょう。大なり><小なりの熱でグランドファーザーズのお尻に火がついてくれることを願います。


異常な夜、貴重な月/GRANDFATHERS

デヴィッド・ボウイが亡くなって、プリンスが亡くなって、そんなに馴染みのない私でさえも衝撃を受けています。なんか勝手に不死身だと思っていたので...特に、プリンスは57歳という若さでしょう。私の敬愛するミュージシャンはその世代の方が多いので、いろんなことを考えてしまいましたが。何よりも身体には気をつけていただかないと。しかし、一時代がどんどんスピードを上げて終わっていくのがなかなかに辛いこの頃。とか思いながらも一方で、若手ミュージシャンでやたら幅広い世代に愛されているスカート澤部渡さんが、スピッツのサポートでミュージックステーションに出演するというホッコリしたニュース(謎のタンバリン男現る)もありましたね。私が澤部さんに興味を持ったのは、斉藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」をフェイバリットソングに上げているのとチャクラ「まだ」をカヴァーしていることを知ってからです。彼は10くらい年下ですが、ちょっと尊敬してます。

ふむ、「まがい物」と評されて怒るファンもいると。まぁ分からないでもないけれど、そんな目くじら立てなさんな。賛否あって健全。もし我が最愛のジャック達を「まがい物」だと言う人がいたとしても、よくわかってらっしゃると納得するでしょう(笑)。まがい物の本物。そんなことより切ないのは、批判される場にいないこと...。