読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

BAND EXPO@梅田ムジカジャポニカ 2016.10.29

LIVE 10's 日本 青木孝明 西村哲也 河野薫 BAND EXPO

今年一番待ち望んでいたと言ってもいいBAND EXPOの1stアルバム発売記念ライヴ大阪編、観てきました。レコードのあまりの傑作ぶりにこれ以上ないほど期待しましたが、それを軽く上回る最初から最後まで盛り上がり続けた素晴らしいライヴでした。ひと言、感無量です。

(恒例の)心配していたお客さんの入りも想像以上にたくさんで大盛況、きっと主催者Tさんの活発な宣伝活動が実ったのでしょう。先日、難波ベアーズでのTRICKY HUMAN SPECIAL(コーノカオルさん)のライヴで観に来られてたTさんとお話ししたのですが、「TさんってBAND EXPOのライヴ観たことあるんでしたっけ?」「いや、観たことないよ」「観てなくて呼ぶのってある意味スゴイですね」「私が観たいから呼ぶねん」というシンプルながら強い想い。翌日が大阪マラソンで宿がなかなか取れないという条件でも、遠方から来られてる方も多数おられたり、開演前からワクワク感と熱気とカレーの香り(!)が充満しておりました。そうそう、会場のムジカジャポニカがまたEXPO感あるムードで、太陽の塔の内部にいるかのような鮮やかな色味。立て掛けられた青木孝明さんのラメラメのエレキギター(ダンエレクトロ)もキラキラ光り輝いています。このスペーシーでエキゾな空間がBAND EXPOの音楽ともとても似合っていましたね。

BAND EXPO

BAND EXPO

今回のレコ発ライヴは、第一部がメンバーそれぞれのソロ曲をBAND EXPOで演奏し、第二部はアルバム『BAND EXPO』収録曲(「Showtime」以外の全曲)を披露するという構成。というわけで、第一部のソロコーナー。冒頭は『BAND EXPO』にも収録されている青木さんのインストナンバー「Yellowstone」で肩慣らし、と言っても、既にバンドの強力なビートとグルーヴがビンビン。ワイルドと洗練が混じったような音に、パブロックや!と心の中で叫んだ。まずは青木さんソロ曲から始まり「ドライヴ」「Cold Morning Girl」「君がここにいる」。のっけから出し惜しみなしの超名曲で代表曲「ドライヴ」でじわりとテンションが上がり、続く最強のパワーポップナンバー「Cold Morning Girl」(死ぬほど好きな曲)であっという間に沸点へ。カワイイお嬢ちゃん(友だちの娘さん)も手を叩いて踊っている、真にカッコイイ曲を目の前にすれば子どもも大人も関係なし。この時点でチケット代元取れた、というか、ここでバンドのスイッチが完璧に入ったような気がする。それにしても青木さんの永遠のロック少年ぶりたるや!あんなに嬉しそうに楽しそうに喜び全開で歌って演奏する人は他に知らない。ロック最高!バンド最高!観てる方も清々しい気持ちになる。次はコーノさん、TRICKY HUMAN SPECIALの新しい名盤『黄金の足跡』から「虹」「孤独な巨人」「陽は沈みまた昇る」を。一転して、ムーディーな世界へようこそ。滑らかにフレットレスベースを弾きながら歌うのがまた、艶っぽい。鍵盤で歌う「陽は沈みまた昇る」でのBAND EXPOのアーシーで滋味深い演奏はまるでThe Bandのよう、コーノさんがリチャード・マニュエルに見えた。静かに沁み入り、涙ホロリ。青木さん、コーノさんと来れば、西村哲也さん。なのだけど、ここでなんとサポートドラマー矢部浩志さんのソロMUSEMENTコーナーも!「ストーリーズ」をBAND EXPOの演奏でボーカルは西村さん(オリジナル歌唱は武田カオリ)、超レアな光景。レコードでは打ち込みのドラムを矢部さんが生ドラムで再現、曰く「YouTubeの”叩いてみました”的な」(笑)。これが意外にハマっていて、特に西村さんと青木さん(全力)がユニゾンで歌うところにグッときた。演奏後、「燃え尽きた...って、もう燃え尽きてどうすんねん!」と一人ボケツッコミ?をしていた西村さんは引き続き「Golden Bird」「Good Bye」を(まさか「Golden Bird」が聴けるとは思いも寄らなかった、アラブな旋律がサイケなロックナンバー)。燃え尽きるどころか、ここでは怒涛の西村哲也ロックンロールショー!待ってましたの暴れん坊ぶり。パンクなロイ・ブキャナン、テレキャスターが火を噴くぜ!今回は珍しく西村さんがステージの左手に位置していて、楽器の置き場所の関係なのだろうけど、密かに西村さんの暴れるスペースを確保するためのポジションだったりして(笑)。とにかくフロア大沸騰、熱くなりながら呆気にとられたような不思議興奮で第一部終了。

しばしの休憩の後、第二部は『BAND EXPO』LIVE。ブリブリ鳴り響くベースでファンキーに幕開け、「何処へ(History)」だ。日ハム大谷もビックリの初球から160km/h級の剛速球だ。BAND EXPO宇宙の旅「Space Mountain Top」は、コーノさんがこのツアーの為に買ったというキーボードがキラめいている。ここで、BAND EXPOの楽器編成について説明すると、青木E.G+西村E.G+コーノE.B+矢部Drsと青木E.B+西村E.G+コーノKey+矢部Drsとの2パターンある。青木さんとコーノさんが曲によって楽器を持ち替えるわけだが、レコーディングでもライヴで演奏することを想定して編成を変えているそうだ。歌詞カードには曲ごとの詳細なクレジットは無いので、「何処へ(History)」でのあのブリブリのベースは青木さんだったのか!と判明したり、そんな楽しみ方も出来る。青木さんのベースプレイはその背格好からもニック・ロウを思わせる粋なロックンロールで、コーノさんは黒っぽく跳ねてウネるようなグルーヴという印象。その二人のベーシストの異なるプレイにバッチリ息を合わせる矢部さんのドラミングはやはり神だった。タメの効いたスネアとハイハットの絶妙なコンビネーション、歌心たっぷりに凄まじいビート。BAND EXPOのメロディアスなポップロックだと水を得た魚、そりゃあもう無敵だ。そんな矢部さん、第一部のMUSEMENTの時に「来月出る新しいアルバム(『Musement Fair』)も、EXPO世代の音楽だと思ってます。是非『BAND EXPO』と併せて聴いてください」と仰っていたが、大阪で聴く「太陽の塔」はそれは格別だった。爽やかで朗らかな歌なのにジーンときて仕方がなかった。コーノさんはこのライヴ前に初めて万博公園太陽の塔に会いに行ったそうで「これでようやくBAND EXPOの正式メンバーになりました」、西村「大阪万博では2回迷子になりましたから。そうか!迷ったときは太陽の塔に集合するように(父と)決めていたらいいのか...って今頃思いついてどうすんねん!」青木「歌詞に出てくる迷子は完全に西村さんを意識して書きました」という微笑ましいエピソードも。微笑ましい、と言えば、終わると見せかけて終わらない「The End of The World」(世界の終わり)が完全に終わった後の静けさの中、カワイイお嬢ちゃんが「終わりー?」と聞いた名シーンが。青木「もうちょっとで終わるからね。あ、この曲はもう終わりだよ」和んだ。三人が歌い回すアルバム随一の感動的な名曲「Memories」では、イントロからもう泣く気満々だったけど、終盤で唐突に「Everybody singing!一緒に歌おうぜ~」と青木さんがハンドクラッピンしながら煽り始め、会場中みんなでラララ~♪大合唱。なんだか無性に幸せな気分だった。本編ラストは、全速力で疾走する「EXPOS(BAND EXPOのテーマ)」。私は知っている、この曲の最後に西村哲也ロックンロールショー!がまたやって来ることを(笑)。キタキタキターッ!もう思い残すことなく暴れてください。あれやこれや説明つかない狂乱の果てに、歯弾き、出ました。コーノさんも青木さんもニヤけっぱなしで、私もニヤけっぱなし。これで明日からも何とか生きていけます。

アンコールは全員バンドエキスポTシャツに着替えて登場。リラックスした「明日」で三人の素敵なハーモニーにうっとりした後、最後の最後は西村さんのハードでお茶目なロックンロール「Second Shock Blues」で豪快に。青木「アルバムはとにかくロックンロールで締めたかった。「Yesterday」の後の「Dizzy Miss Lizzy」みたいに」流石である。ただただ素晴らしい楽曲を素晴らしい演奏で聴かせてくれる、それだけでもそれこそが最強!ということを実感したBAND EXPOのライヴだった。コーノさんの感謝のひと言「やっぱり関西の雰囲気はいいですね、皆さんがこちらに笑顔を見せてくれるから。皆さんにお会いできて本当に良かったです」は泣けた。こちらこそ笑顔にさせてくれて、ありがとう。


BAND EXPO 1st アルバム
「BAND EXPO」発売記念ライブ
10/29(土)@大阪 梅田ムジカジャポニカ
出演:BAND EXPO(西村哲也/青木孝明/コーノカオルw/矢部浩志)
   西村哲也、青木孝明、TRICKY HUMAN SPECIAL(コーノカオル)
開場18:00・開演19:00

-1st Stage-
01. Yellowstone
02. ドライヴ 【青木孝明】
03. Cold Morning Girl 【青木孝明】
04. 君がここにいる 【青木孝明】
05. 虹 【TRICKY HUMAN SPECIAL】
06. 孤独な巨人 【TRICKY HUMAN SPECIAL】
07. 陽は沈みまた昇る 【TRICKY HUMAN SPECIAL】
08. ストーリーズ 【MUSEMENT
09. Golden Bird 【西村哲也
10. Good Bye 【西村哲也

-2nd Stage-
01. 何処へ(History)
02. Space Mountain Top
03. 太陽の塔
04. The End of The World
05. 渇き
06. Switch
07. Memories
08. EXPOS(BAND EXPOのテーマ)

en1. 明日
en2. Second Shock Blues

BAND EXPO...
青木孝明 Vocal, Electric Guitar(Danelectro), Fender Fretless Bass
西村哲也 Vocal, Electric Guitar(Fender Telecaster)
コーノカオル Vocal, Fender Fretless Bass, Keyboard
矢部浩志 Drums

f:id:keisuke6:20170309153947j:plain

↑BAND EXPO描いてみました的な、Live BAND EXPO Live的な。矢部さん、こんな感じでごめんなさい。イラストと言えば、『BAND EXPO』の素敵なジャケット絵を描かれている眼福ユウコさんも観に来られていて、そのジャケットの原画とラフスケッチを見せて頂きました。美しい、感動。もうその絵を眺めるだけで音が聞えてきます。