読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

ザ・独り言②

続いた、というか、続きでも何でもない。

へ?Y・O・M・A?R・O・M・Aじゃなくて?東のGO→ST部員Zさんから告知されたイベント5/5『GO!GO!カブトムシ』@池袋鈴ん小屋の出演バンドのこと(対バンは、5mm)。何やらR・O・M・Aのベース&ボーカル安部OHJIさんのピンチヒッターで大なり><小なりのヨナフィさんが参加するそうで、ヨナフィのYでY・O・M・A。ベーシストなヨナフィさんを観れることはそうそうないので、要チェック!なのである。あ、チェックするだけでなく、観に行っちゃってくださいね。日本のロル・クレーム堀尾忠司さん率いる5mmも最高だし、ポップとロックの魔訶不思議な旨味を味わえる組み合わせだと思いますので是非。一方、OHJIさんは病気療養でしばらくお休みされるそうで、とても心配なのですが、日々の報告を聞いていると順調そうでホッとしています。R・O・M・Aは昨年11月の大なり><小なり『フレット』発売記念ツアーで初めて観た(大阪ムジカジャポニカ京都ネガポジ)。私の憧れのギタリストの一人、元シュガーベイブの村松邦男さんのプレイが生で観れることにワクワクしていたが、密かに安部OHJIさんのベースプレイにヤられていた。あの出音の太さは一体?京都公演でのアンコールで演奏したナンシー・シナトラ「にくい貴方」はハードなブルースロックに生まれ変わり、もちろんOHJIさんはあの有名なベースリフをブリブリ弾いて、そりゃ凄まじかった。終演後、OHJIさんとは少しお話しさせて頂いて、とても優しい方で音楽愛に溢れていて、いっぺんにファンになりましたよ。大なり><小なり『フレット』がOHJIさんプロデュースだったことについて、ぱぱぼっくすの澤田さんは「いいなぁ~。わたしたちのアルバムもOHJIさんにプロデュースしてもらいたいです!」とステージからラブコールを送っていた。それわかる。OHJIさん、元気に復帰されることをお祈りします。

↓R・O・M・Aで「にくい貴方」、トリオの演奏もタイトでめちゃカッコイイ!この時のドラムは三匹夜会でもお馴染み熊谷太輔さんですね。
youtu.be

↓5mm「2つの頭がハイウェイにて平行移動」、大なり><小なり主催イベントにて。会場で観てました、それはそれは衝撃受けましたよ。日本の英国です。
youtu.be


もうひとつ勝手に宣伝、滋賀の音楽友ONOさんがディレクターされているFM局e-radioのラジオ番組「Saturday Night Culture Club」が4月から開始しています。毎週土曜24時~24時55分という時間帯に、音楽だけでなく映画や文学などカルチャーを熱く語ろうという番組だそうです。長年温めてこられたアイデアを実現、かなりのトライアルだと思うので、これまた要チェックですぞ。radikoプレミアムな私も毎週楽しみにしております。ちなみに、ONOさんが以前手がけておられた「popdiver」という音楽番組も素晴らしかったのですよ。15分という短い時間ながら、内容が濃くて。福岡史朗特集(史朗さんはコメントや特製ジングルまで作ってた)とか、他じゃありえないことやってましたからね。期待しましょう!