読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

ザ・独り言①

もうそろそろいい加減ブログを更新しないと。とは思うが、クララズ「コンコース」(春はこの曲ばかり聴いている)ばりにヨシ書くぞ!というレコードがない、わけではないのだが、書く気力が湧いてこない。というか、私生活でそれどころではないだろうという状況に陥っている。のだけれども、何でもいいから書くことで気が紛れるような気がするので、ここ最近の音楽話のようなものを思いつくままだらだらと書いてみようと思う。苦し紛れの独り語りなので、オチなんてない。

先日4/2に大阪天満宮近くの音凪でライオンメリィ+西村哲也+熊谷太輔の通称「三匹夜会」というユニットのまさかの再結成?ライヴを観た。これからまだ沖縄(!!)、東京と続くので、ライヴの詳細は控えるが、それはもう愉快で幸せな気分に浸り続けた。何よりも前回はアコギだった西村さんが今回はエレキなもので、ロック三割増し。そりゃ~あの曲演るのにやっぱりエレキじゃないとね、ということに気づいた。MCでメリィさんが「最近の音楽に全然興味がない。そんなに音楽が好きじゃないかもしれない」みたいなことを仰っていて、そんなぁと思いながらも、私も好きな音楽が好きなだけである。メリィさんの発言に対して西村さん「わしもそうですよ。ここ何年で買ったCDはチューリップとGAROだけですよ」って、それはどうかと思うが(笑)。終演後、メリィさんに「哲つぁんに似てますよね。異母兄弟?」と言われる。恐縮です、違います(汗)。これまでもいろんな人に何度も言われてきたし、本人に間違われたこともある。一応、西村さんとの年の差20歳なんですけどね...息子さんですかと言われたことは無い。つまり、西村さんが若くて私が老けている、ということ。異議なし。そもそも私が西村さんの音楽を聴き始めたのは、カーネーションを通じて知り合ったOさん(お元気でしょうか?)に「けいすけさんは西村さんに喋り方や雰囲気がよく似ているので、きっと気に入ると思います」とソロ作『ヘンリーの憂鬱』を焼いたCDを頂いたのがきっかけである。ウソのようなホントの話。で、西村さんのライヴに通い始めて2回目に観たのが、京都の「はちはち」という自家製ドイツパンが超美味しい古民家カフェでの若林マリ子さんと藤井貴子さんとの共演ライヴ('06年5月)。マリ子さんの付き添いで、そのOさんも来られていた。そして、マリ子さんのサポートでパーカッションを演奏していたのが熊谷さん、その頃からあの謎の無国籍アドリブソロを歌ってらした。なんかスゴイ人がいるなぁとちょっと衝撃だった。あれから10年か...。

そうだ、そんな三匹夜会ライヴのちょうど1か月前3/5には同じく音凪で、伊藤ヨタロウ&西村哲也というデュオのライヴがあった。イラストレーター眼福ユウコさんの個展最終日でクロージングパーティー。思いがけずなんだかメトロファルスなこの2か月。前座の西村さんソロはエレキでルーパーを初導入し、ブライアン・イーノニール・ヤングデヴィッド・ボウイの洋楽カヴァーオンリーに震えた。カウンター席でちょうどヨタロウさんの目の前にいた私。あまりに近すぎて恥ずかしく、ほとんど顔を見れず、ヨタロウさんの脚ばかり見ていた。ヨタロウさんは小柄な方で、西村さんや私と同じくらいの背丈なのだけど、歌い始めると色気と華があってオーラをビシバシ放って、それはそれは大きく見えるんですなぁ。正真正銘のボーカリストで歌手、感動する以外ない。終演後、緊張してろくに話せなかったが、なぜだかヨタロウさんが何度も私のフルネームを連呼してくれた。「なんか覚えやすいんだよなぁ」と。そりゃあもう憧れの方から名前を言われるだけでも、めちゃくちゃ嬉しいものである。前にラジオなどでカーネーション直枝さんや長門芳郎さんにフルネームを読まれた時も、体温がググーッと上がった。ハンドルネームには味わえないだろう醍醐味なのかも。フルネームで思い出したが、ビューティフルハミングバードという男女デュオの1stミニアルバム発売時の京都タワレコでのインストア(荒井由実ひこうき雲」の素晴らしいカヴァーに涙した)に行ったときの話。終演後のサイン会で私の番が回ってくると、小池光子さんから「お名前どうされます?」と聞かれ、「どうしようかなぁ、苗字だと他人行儀だしなぁ...かと言って、下の名前というのもなぁ...」とかぶつぶつ言っていたら(面倒くさい奴)、「ふふ(笑)。じゃあ、フルネームにしましょう!」と言って、フルネームで書いてもらった。お優しい。

メトロファルスの大名曲「LIMBO島」。このバンド編成ではそんな風に感じないけれど、ヨタロウさんとのデュオでの西村さんのギタープレイを観ていて、えっ、そんなに忙しくて大変なのか!と思った次第。鮮やかな指さばきだった。またこのデュオ観たいなぁ、もちろんメトロファルスも!

LIMBO島 ~Bravo Veravo~ 2012.12.5

なんかやたら長くなるので、ここで一旦止め(笑)。続く、かもしれない...