レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

「Rock'n' Roll お年玉」ジャックとしのぶとしょうこ達

2016年ですね。明けましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました、今年もひとつよろしくお願い致します。
相変わらずマイペースに好き勝手に書いていくつもりです。
皆さまが健康で、素敵な音楽の出会いがありますように。

さて、音楽愛好家にとって年明け一発目に何を聴くかは割と重要事項だと思われるが、私の場合、コレに決まっている。とにかく能天気に景気よくいきたいので、もう何が何でもコレ。「Rock'n' Roll お年玉」と言えば大瀧詠一さんの名盤『ナイアガラ・カレンダー』1月の歌、それを鈴木祥子さんとジャック達とかわいしのぶさんによるロックンロールバンドにブラスセクションを加えた編成でカヴァーしたライヴバージョン(鈴木祥子『青空のように』収録)。オリジナルの酔いどれドンチャン騒ぎも相当なものだが、こちらのバージョンはそれに輪をかけてトチ狂ってる(笑)。エコーたっぷりに豪快に歌う鈴木祥子さんのはっちゃけぶりも然ることながら、何よりその左側から聞こえてくる一色進さん(ジャック達)の奇っ怪なコーラスがイカれていてサイコーなの(布谷文夫さんもかなわないだろう)。繰り返される‟おとちだま♪おとちだま♪”に、私を悩ませるあんなことやそんなことや何もかもがアホらしく思えてきた。こういうのをカタルシスと言うのだろうか、知らんけど。

あ、ついつい一色さんの話になってしまう当ブログ。懲りないでね。

青空のように

青空のように

「Rock'n' Roll お年玉(Live at Shibuya AX, 17 Dec. 2009)」ジャックとしのぶとしょうこ達
(作詞・作曲:大瀧詠一)2011年

Drums 夏秋文尚(パパ)
Bass&Vo. かわい"ラブリー♡"しのぶ
Wurlitzer 鈴木"自称プロデューサー"祥子
E.Guitar 一色"Rock'n Roller"進(55才)
E.Guitar 木原"GGP"宙
Horns 山本拓夫、西村浩二
Violin 武川"くじらさん"雅寛
Vocal 鈴木"Red Dress"祥子