読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

「砂丘にて」カーネーション

 先日帰省する際のちょっとした電車の旅で、久しぶりにこのアルバムを聴いていたら。あ、これはカーネーションの最近の作品の中では最もバラエティに富んでいて、楽しいアルバムだなぁと改めて。2009年の作品で、カーネーションが3人組から2人組になってからの第1作目。なんだか2人になって自由度がグッと上がったという印象で、3人の時は3人だけでやれる曲をという意識が強かったのでしょうか。ドラマーは中原由貴さんと宮田繁男さんで楽曲のタイプに合わせて、イイ塩梅に熱くも肩の力の抜けたセッションが繰り広げられます。中でも「砂丘にて」の能天気さが格別。直枝政広さんと大田譲さんのユニゾンボーカルは良い意味でだらしないオッサン(笑)。僕の大好きな西村哲也さん(グランドファーザーズ、Only Love Hurts、BAND EXPO、メトロファルスetc)が友情出演でマンドリンをゴキゲンにかき鳴らし、極上スワンプロックの完成。酒が進む進む。

Velvet Velvet (初回限定盤)(DVD付)

Velvet Velvet (初回限定盤)(DVD付)

 

 アルバムのレコ発でしたか、京都の拾得でのカーネーションのライヴで西村さんを迎えてこの曲を演奏しました。冒頭で西村さんが馬の嘶きのようなマンドリンをアドリブで弾いた時に、直枝さんと大田さんが目を合わせてニヤッとしたのを今でもはっきり覚えています。拾得というシチュエーションも含めてもう最高でした。

「砂丘にて」カーネーション(作詞・作曲:直枝政広

直枝政広:Vocals, A.Guitar, 12strings A.Guitar, Doblo

大田譲:Bass, Chorus

中原由貴:Drums

渡辺シュンスケ:Hammond Organ, Piano

西村哲也:Mandrin