読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

GO→ST

ジャック達@梅田ムジカジャポニカ 2017.2.12

今、何やら世間ではドラマ「カルテット」が話題らしいですが、当ブログで話題沸騰のロックすぎるカルテットと言えば、そう?ジャック達!そんな(悪)夢の4人組は最新で最高の傑作『JACK TOO MUCH』を引っ提げて、東京名古屋大阪と局地的なワールドツアーを敢…

『JACK TOO MUCH』 ジャック達 【後編】

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」楽しかったですね、ガッキー可愛かったですね(星野源は許せん(笑))。『JACK TOO MUCH』聴きすぎの私は、古田新太さんが一色進さんに見えて仕方ありませんでした。いやホント、古田さんは年々一色さんに近づいていると思う…

『JACK TOO MUCH』 ジャック達 【前編】

ロックリスナーとしての私の2016年を締めくくる白組の大トリは、日本のロックのぼくの伯父さん一色進率いるジャック達の新作4枚目のオリジナルフルアルバム『JACK TOO MUCH』!大階段から華々しく登場。その名の通り、ジャック達以上にジャック達としか言い…

『PLUG AWAY+』 大なり><小なり

暑すぎる夏をさらに熱くする熱中症必至?な大なり><小なりの新作EPが8/15にOTOTOYでハイレゾ配信された。早速ダウンロードし、部屋や街でも聴きまくり、すっかり熱中している。ototoy.jp『PLUG AWAY+』は、彼らがリスペクトしてやまないグランドファーザー…

『60』 一色進

え、今なの?必ず書くと言って、放ったらかしにしていた。寝かせてたまに聴くと、めっちゃええやん!と思って、また寝かせていた。機は熟した、ということにしておこう。というわけで、愛すべき永遠のB級ロックバンドマン一色進さんが還暦を迎えて発表した2n…

ザ・独り言④

5/5こどもの日の池袋鈴ん小屋でのイベント『GO!GO!カブトムシ』の選曲終わりまして。時間が押すこともありえるので、多めに選んで1時間30分のボリューム。選ぶ時間がふんだんにあって、何が正解なのか分からなくなり、日に日に混沌としていきましたが、出演…

ザ・独り言②

続いた、というか、続きでも何でもない。へ?Y・O・M・A?R・O・M・Aじゃなくて?東のGO→ST部員Zさんから告知されたイベント5/5『GO!GO!カブトムシ』@池袋鈴ん小屋の出演バンドのこと(対バンは、5mm)。何やらR・O・M・Aのベース&ボーカル安部OHJIさんの…

『フレット』大なり><小なり 【後半】

大なり><小なり『フレット』好評発売中!というわけで、予告通り後半は全曲感想やっちゃいます。いかんせん14曲もあるので、もう大変です(汗)。誰に頼まれたわけでもないですが...。おっと、その前に、まずはメンバー紹介をしておきます(?)。ボーカル&ギ…

『フレット』大なり><小なり 【前半】

待ちに待って待った“大なり><小なり”(ロックバンドです)の1stアルバム『フレット』がついに到着。パンパンに膨らんだ期待感に包まれながら、正座をして再生ボタンを押したら、2秒で中毒である。聴き始めたら止まらない(ニヤケ顔も)、聴いてなくても頭…

西村哲也/柴山一幸@拾得 2015.9.27

この日の私は、お昼から京都の円山公園音楽堂でのフリーイベント『愛らぶ円山2015』に。京都ロックンロール界のドン、バンヒロシさんのバンドbambino結成15周年記念のお祭りでした。ちょっと暑いぐらいの好天気の中、グリーンカレーとビール食し、ユルりと音…

【復刻】『MY BEAUTIFUL GIRL』ジャック達

朝からジャック達の1stアルバム『MY BEAUTIFUL GIRL』を聴きながら、そっかぁ2005年リリースだから今年で10年かぁ、一色進さんの音楽に出会ってから10年かぁとふと思って、しみじみしております。このアルバムにはロックバンドの1stアルバム特有の粗削りなキ…

「東京一悲しい男」ジャック達

36歳になった今の心境を歌で表すと斉藤哲夫「いつかきっと」なのだけど、なんだか暗い話になりそうなので、能天気な歌にしよう。ジャック達「東京一悲しい男」、これが今一番好きな歌だと言うのは我ながらどうかと思うが、とにかく狂ったように好きな歌であ…

『YELLING』柴山一幸

柴山一幸さんの5枚目のニューアルバム『YELLING』をずっと聴いています。前々作『I'll be there』('13)から前作『君とオンガク』('14)、今作('15)と1年に1枚アルバムリリースという今じゃなかなかありえないハイペースぶり。まさしく破竹の勢いの一幸さん。…