読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードは果てしなく

好きなレコードや観たライヴのことを喋ります。

【私の好きな歌014】「人生はそんなくり返し」井上順

一昨日、キング・クリムゾン「エピタフ」を荘厳にカヴァーしていることで知られるザ・ピーナッツの72年のライヴ盤『ザ・ピーナッツ・オン・ステージ』を遂に入手でき、あまりに素晴らしくてずっと聴いていたのだけど、その帯を見ると”さよならは突然に”(当…

【私の好きな歌009】 「Better Love Next Time」Dr. Hook

レコード屋に行ってレコードに囲まれていると、なぜだかお腹がユルくなる。ビビビッと良いレコードに出会うためにアンテナの感度をより研ぎ澄ましているので、神経が過敏になっているのだろう。ある日もいつもの元町ハックルベリーでレコードを掘っていると…

【私の好きな歌008】 「その気になれば」中川イサト

中川イサトさんと言えば、アコースティックギターの名人であるが、私はイサトさんの歌が大好きだ。細野晴臣さんにも通じる人情味あるぶっきらぼうな歌、ちょっと情けない感じがするのが愛おしい。我が家にある70年代のイサトさんの歌ものレコード『お茶の時…

【私の好きな歌007】 「俺の借金全部でなんぼや」上田正樹と有山淳司

浪速のぐっどたいむみゅーじっくやろか!?この歌の詩を完璧に覚えて、間違えんと歌う自信はありまへん。歌詩カードを見ながらでも、無理でんな。金の計算は苦手や。あ、せやけど、最後に全部でなんぼや?と訊いて終わっとるから、なんぼでも借金してもええか…

『a Beautiful Day』的な...

猛暑が続いて嫌んなっちゃいますが、皆さまいかがお過ごしでしょう。全力で暑中お見舞い申し上げます。とにかく、死の危険さえ感じるクソ暑い日には気分からまず涼しくしておきたいものですが、そんな時に効果てき面なレコードがカーネーション『a Beautiful…

「青空」佐藤博

気づいたら、すっかり桜も散っていました。 今週は先週までと打って変わって随分いい天気が続いていますね。 今日なんてちょっと暑いくらいですが、そんな日にこの曲を聴くと気持ち良かったので。ひょっとすると私が知っているシティ・ポップで一番好きな歌…

「The Wall Street Shuffle」10cc

神戸に引っ越してからレコード(アナログ盤ですよ)を買い始めて、かれこれ12年くらいですかね。しょっちゅう三宮~元町辺りのレコ屋を歩きに歩き掘りに掘っております。残念無念ながらアップルやリズムキングスは閉店してしまったけれど、老舗ハックルベリ…

「運がよければいいことあるさ」堺正章

春になると聴きたくなる曲シリーズ。歌詞に春の季語が出てくるわけではないですが、緩やかに跳ねるリズムが春の街をスキップしてるような気分になります。作曲は筒美京平、元ネタはハニー・コーンの曲らしいですが、全体的な雰囲気はマーヴィン・ゲイの「How…

「わたしの恋はシャボン玉」石田文子

こんな風にヒネくれた人のヒネくれた音楽を聴いていることが多いので、たまには混じりっ気なしの真っ直ぐな歌でも聴きたくなるのですよ。私は79年生まれなので、この石田文子というアイドル?を知る由もありませんが、なんだかやたらに可愛らしいジャケ(で…

「Farewell Again (Another Dawn)」Kevin Ayers

1975年のアルバム『Sweet Deceiver』の最後に収められている曲。 魅惑の低音ボイスといい怪しいエキゾ感といい細野晴臣さんみたいな。 と思ったら、ちょうど『トロピカル・ダンディー』の頃だ。 そう言えば『泰安洋行』にも「"Sayonara", The Japanese Farew…

「Where Did the Spring Go?」The Kinks

キンクスの春の歌、なのか?イギリスのTVドラマの為に作られた曲(レイ・デイヴィス作)のようです。取り立てて名曲でもないのでしょうが、キンクスはなんてことないような曲がまた味わい深いのです。私は1973年にアメリカのみで発売された未発表曲集LP『The…